「わかまつ農園」

福岡県糸島市のオリーブ農園

My Story

ごあいさつ

わかまつ農園では有機農、自然の循環を考えた果樹を栽培をし自分たちの手でアロマの蒸留をしており、自分たちの果樹と思いで生活に役立つ”モノ”を作り上げていきます。
人には想像できないほど長い年月で積み重ねた地下資源は枯渇すると思います。

自然由来を原料にし一年で出来る資源で、未来に”つなぐ”ことを考え行動することをお約束します。ほんらい安心、安全は当たり前のことであり、モノだけでなくお役に立てることがあれば幸です。

お客様の声:Vol.4~福岡県糸島市在住・本橋へいすけさん~

お客様の声:Vol.4~福岡県糸島市在住・本橋へいすけさん~

~使うことで、身近な人と環境の話もできる。人と人との縁も繋いでくれる製品に出会いました~

農香シリーズをご愛用いただいている、福岡県糸島市在住の本橋へいすけさん。

本橋さんのお仕事はWEBコンサルタント。ブログやSNSを活用したWEBマーケティングを専門に、全国で講演活動、様々なメディアに出演、個人・法人のお客様のコンサルティングをされています。

また、移住情報や糸島情報を発信するブログ「愛しの糸島ライフ」を運営。福岡を代表するブロガーとしても精力的に活躍されています。

そんな糸島の魅力を知り尽くした本橋さんが、普段愛用している農香シリーズの魅力を教えてくださいました。

Q1.農家シリーズを知ったきっかけはなんでしょう?

本橋さん:

Facebookです。

若松さんとは糸島のイベントで知り合いました。それをきっかけに、「わかまつ農園」のFacebookを「いいね!」し、「農香シリーズ」を知りました。

ぼくは糸島に魅せられ、糸島が好きで、移住しています。

生活の中でも、できるだけ地元:糸島のものを使いたいと考えているので、「農家シリーズ」に興味を持ちました。

その後、若松さんに再びお会いする機会があり、「ばあむ」保湿クリームをいただきました。

「ばあむ」保湿クリームの香り、使い心地、コンパクトさが気に入り、リピートさせてもらっています。

Q2.農園主:若松や、わかまつ農園で作る商品を知った時の第一印象は?

本橋さん:

自分の農園で採れた果樹を洗剤や保湿クリームに変えてしまう発想に、強いインパクトを受けました。

採れた作物をジャムなどの食品に加工し、商品化するのはよく耳にします。

けれど、農家さん自身で、生産した作物を食品以外のものとして商品化するのは面白いなと思いました。

作り手にも売り手にもなる若松さん、すごいですね。

さまざまな人生経験を経て就農されているので、若松さんの人生哲学には情熱と深みがあります。

共感できる言葉がたくさんありますよ。

Q3.初めてわかまつ農園の商品を使った時の感想は?

本橋さん:

「ばあむ」保湿クリームを初めて使った時、「あー、助かる!」って思いました(笑)。

冬になると肌の乾燥が気になるのですが、市販の保湿クリームは匂いが苦手で…。

「ばあむ」はナチュラルで心地いい香りがします。

つけた時は、日向夏の香りがしますが、匂いが強く残ることはありません。

匂いのストレスがなく使えるのがいいですね。

乾燥が気になる季節は、乳液代わりとして顔に、ハンドクリーム代わりとして手につけています。肌なじみがよく、べたつきも感じません。

とにかくお肌がしっとりで乾燥しません♪

いい歳のおじさんが、お肌の話ばかりしていますが、いつもお肌のことを考えている訳じゃないですよ。

純粋に、農香シリーズの良さを語っているだけなので、安心してください(笑)。

Q4.商品を使い続けて、何か感じていることやご自身の中で起きた変化はありますか?

本橋さん:

この商品を使い始めて、「環境」の話をするようになりましたね。

糸島には、ぼくがスタッフとしてお手伝いさせてもらっているゲストハウスがあります。海や山がある自然豊かなその土地は、上下水道がなく、浄化槽もありません。

そんな場所で使う洗剤は、できるだけ環境に配慮されたものを使いたいと思い、農香シリーズの「甘夏みかん洗剤」を取り入れました。

ゲストハウスでは、宿泊者も一緒に食器洗いをしています。

宿泊者の方たちと食器を洗っていると、自然とこの洗剤の話になり、環境の話につながるのです。

構えることなく、自然と環境の話ができる、いいきっかけになっています。

Q5.どの商品が一番すきですか?それはなぜでしょう?

本橋さん:

「ばあむ」保湿クリームです。

香りや使用感が気に入っているのはもちろんですが、ぼくはリュックサック一つで旅行することが多いので、「コンパクト」さも商品選びの大切なポイントです。

手のひらサイズに収まる大きさが気に入っており、今では欠かせない旅のお供です。

顔にも手にも塗れるので、荷物がかさばらないのもうれしいですね。

シンプルでナチュラルなデザインも気に入っています。

Q6.どんな人に、わかまつ農園の農香シリーズを勧めたいですか?

本橋さん:

糸島に住んでいる人に使ってもらいたいですね。

食べ物やクラフトなど、さまざまな作り手さんが糸島にはいますが、肌につける商品は意外にありません。その中で、「ばあむ」は保湿剤として肌に使えます。

地元で作られ、安心・安全な商品を使えるというのはうれしいことです。

また、普段あまり環境のことを考えることが少ない人が、この商品ができるまでのプロセスを知り、環境を考えるきっかけになればいいなと思います。

ぼくたちがゲストハウスでしているように、農香シリーズの製品をきっかけに身近な人と環境の話をするようになる人が増えてほしいですね。

▶︎今回、お客様の声に登場をした農香《のうか》シリーズの「ばあむ」保湿クリームはこちらです。

 

有機農(農薬、化学肥料不使用)、自然の循環を考え栽培した果樹を、自分たちの手でアロマ蒸留しました。まるで果樹畑にいるような気分を楽しめる製品です。

▶︎ばあむ」保湿クリームを含めた、わかまつ農園の商品一覧はこちらのwebショップから確認・購入が可能です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お買い物情報

農香《のうか》「ばあむ」
農香《のうか》「精油」
農香《のうか》「せんざい」